4日目 イグアスは、雷雨の夜を眠る アルゼンチン編

本日は、アルゼンチン側からイグアスの滝を観光。ついにイグアス観光のハイライト。

ブラジルでは、対岸にある遊歩道から滝を眺めていたのに対し、アルゼンチンでは、滝の上に遊歩道を直接作ってある。なので、水しぶきも、岩に打ちつける水音も、より滝を近く感じられる。

遊歩道内の案内いわく、滝の水は昔こんなに濁っておらず、透明だったらしい。それが森林伐採によって土壌が流出し、こうなってしまった。ダムなども出来て治水が進み少しはマシになってきた、とのこと。あれだけの水量で透明だったら、もっとキレイだったろう。見たかったな、透き通ったイグアスの滝。

また、ブラジルにはないボートツアーもある。『これでもか!笑え!』とばかりに滝に突っ込んで、ビショビショにさせられる。日本では苦情になるレベル。世界一周婦人は大はしゃぎ。正直、病み上がりだった俺にとっては大きな試練で、以降、トイレを見つけるごとに駆け込むはめに。

公園内の設備やレストラン、土産物屋などは、ブラジルの方が整っている。また観光基地となる街(ブラジルのフォズドイグアスと、アルゼンチンのプエルトイグアス)を比べてもやはりブラジル側の方が大きい。滝そのものだけで見れば、アルゼンチン側の方が魅力があるのに。やはりその辺、国力の差が如実に現れてるせいだろうか。

ホステルに帰って夕食。すると、珍しく雨が降り出す。

イグアスは、雷雨の夜を眠る。

アルゼンチン側の遊歩道。木漏れ日の中を進みます。

アルゼンチン側の遊歩道。木漏れ日の中を進みます。

滝の側にしがみつく鳥の群れ。涼んでいるのか?

滝の側にしがみつく鳥の群れ。涼んでいるのか?

wpid-img_20140915_215935.jpg

こんなカラフルな鳥も近くで見れます。

こんなカラフルな鳥も近くで見れます。

滝の上を歩きます。水量が多いと、遊歩道が流されることも。

滝の上を歩きます。水量が多いと、遊歩道が流されることも。

ボートに乗り込みます。

ボートに乗り込み…

滝に向かって…

滝に向かって…

突っ込みます!サービス満点に4度ほど。

突っ込みます!サービス満点に4度ほど。

全身ずぶぬれです。

全身ずぶぬれです。

 

Advertisements

2 thoughts on “4日目 イグアスは、雷雨の夜を眠る アルゼンチン編

    • や~、しかし水しぶきを浴びてると息ができなくて、恐怖を感じるほどだったよ(((( ;゚Д゚)))

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s