2日目 スペイン語学校

パナハッチェル、スペイン語学校、登校初日。
世界一周婦人と俺に対して講師一人、8時から12時で1日4時間。日本でスペイン語の個別レッスンを受けるよりも、多分10分の1位以下の値段で受けられる。
講師の名前はミゲル。見た所、俺より若い。しかし、質問しやすい雰囲気作りが上手な、俺の好きなタイプ。まーみんな好きなタイプか。
学校の雰囲気は、広い中庭から太陽の光が差し込む明るい教室で、ノートやテキストもしっかりしており、居心地が良い。
値段よし、講師よし、学校よし。もちろん、世界一美しいと言われるアティトラン湖の素敵な家庭でホームステイと、環境もよし。本腰入れて勉強するにはうってつけ。4時間の授業の後、昼食後にさらに2時間、夕食後にもさらに2時間、授業の予習と復習。俺、こんなに勉強好きだったか?いや、テストが近づくとやたらと部屋の片付けをしたり、徹夜覚悟でコーヒー飲み過ぎてお腹を壊したりする、『勉強アレルギー』を自称してきた。それなのに、なんでこれほどスペイン語の勉強が楽しいのだろうか?自分の新しい一面を発見する。
…なんて、あんまり調子の良いこと書いていると、後で恥ずかしい思いをすることになるかも。それに、慣れないことはするものではない。無理はせず、気張り過ぎないように、適度に息抜きするとしよう。

ホームステイ先のアンヘルさん一家は、5人家族。末っ子のアンジーは七歳、真ん中のスサンは十三歳。二人とも美人で、とても大人びている。悪い男にかどわかされないか、今から心配してしまう。長男のエスドラスは典型的な十六歳男子という感じで、いつも眠そうにしてる。でも、両親とも仲良くて、捻くれていない。
ご主人のアンヘルさんは三十五歳。ん?若い。三十五歳で子供3人、とりわけ長男は十六歳?しかも豪邸に住んでいて、かなり裕福な生活を営んでらっしゃるご様子。年齢的にはさほど俺と変わらないのに。それに比べて自分は…。ん〜、久々に味わう『周回遅れ』感!
正直、旅のスタート前後は焦りもあった。今だって、何とも思わないわけではない。
しかし自分は昔から、不器用だし、何でも他人と同じように出来る人間ではなかった。若くして裕福な家庭を築いたアンヘルさんのことは、本当に尊敬する。計算したら、長男は十九歳の時に!?
ただ、自分は自分の速度と順序でやっていくしかない。この旅3ヶ月目にして、そういう風に考えるようになった。他人と比べて焦っても仕方がない。
ゴールとは、何時で何処を指すのかわからないけれど、自分にとってベストなラップタイムが出るようなペースとルートでやってるつもり。俺のゴールだってきっと、素敵なもんに違いないぜ?と、また調子の良いことを書く。このままでは間違いなく後で恥ずかしい思いをするので、改めて自戒。
ともかく、素晴らしい家庭でホームステイ出来る世界一周婦人と俺は、本当にラッキー。良縁に感謝。

ちなみに奥様のルキさんの年齢は、自主規制します。隠すほどではない、予想に違わぬ若さですが。

お世話になっているホームステイ先のお家。

お世話になっているホームステイ先のお家。

徒歩5分程の道を歩いて通います。

徒歩5分程の道を歩いて通います。

午後はフリー。本日はパナハッチェルをおさん

午後はフリー。本日はパナハッチェルをお散歩。

アンジーとカメラ遊び。(アンジー撮影)

アンジーとカメラ遊び。(アンジー撮影)

りか撮影。それにしても可愛い。

りか撮影。ベネズエラに可愛い妹ができました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s