2日目 カーサのおもてなし!

トリニダーは島国キューバの南側、つまり自分たちがバスで通ってきた中米のカリブ海に面した街。本日は、街からほど近くにあるアンコンというビーチへ。

9時出発のツーリストバスに乗り込んで約30分、広大なビーチに到着。どこまでも続く白い砂浜と、海の彼方に見える青い水平線。こんな美しいビーチ初めて…ではないんだなー。むしろ、これくらいでは感動しないなーというレベル。いや、これが旅の序盤なら感動してたのかもしれない。しかし、究極的に美しかったサンブラス諸島の美しい海とどうしても比べてしまう。リゾートホテルが並んでるから、タバコの吸殻なんかも落ちてるし、水中も海岸から数十メートルは濁って視界ゼロ。あれ?これじゃ須磨浦海岸レベル?

なんて、ちょっと残念なビーチだったけれどしっかり15時まで遊んで帰る。

夕食はカーサでいただく。

生野菜のサラダ。

黒豆のスープ。

トマトサルサのパン。

メインディシュは、ニンニクの風味を効かせた蒸し焼きの鯛、50センチはある大物を二人で丸ごと一尾。しっとりと蒸しあがった白身に絶妙な塩加減とニンニクの香り。日本的な固定概念としては、上品であっさりした鯛にニンニクなんて合うのかな?なんて思いそうなものだけれど、これが本当の目からウロコというやつで、美味い!しかもその香りは鯛の身全体に染み渡っている。どうやって?!レシピを教えて欲しいくらいだった。

それにしても、ここのカーサは本当に素敵。部屋が綺麗なのは昨日の日記の通り。加えて料理も美味しい。実はビーチへ出かける前に朝食もいただいたのだけれど、フレッシュな果物にヨーグルト、サラダにハムに目玉焼き、手づくりジュースにケーキにコーヒーに紅茶に、普通なら食べきれないほど(自分たちは意地でも平らげます)の量を並べてくれる。
しかし何より素敵なのは、カーサの家族の笑顔。自分たちが出かける時、帰ってきた時、食事の時、カーサの中ですれ違った時、いつも信じられないくらいにこやかに接してくれる。
お金だとか商売だとか、そういうことだけではきっとなし得ないであろう、真心こもったおもてなし。サービスという域を超えていると思う。本当に自分たちのカーサ、家庭を本当に大切にしてるんだろうな、そんなカーサで旅人が心地よくくつろぐ姿を見るのが嬉しいんだろうな、ということが眩しいくらいに見ていて分かる。ビジネスではなく、生き方として尊敬できる程に素敵なご夫婦で、自分たちもこんなおっちゃんおばちゃんになりたいなと思った。

アンコンのビーチへ。海はカリブ海のエメラルドグリーンなものの、風が強いせいか水はクリアではありませんでした。

アンコンのビーチへ。海はカリブ海のエメラルドグリーンなものの、風が強いせいか水はクリアではありませんでした。

鳴戸の鯛にも負けない、50cm超の巨大スナッパーに感激!

鳴戸の鯛にも負けない、50cm超の巨大スナッパーに感激!

Advertisements

One thought on “2日目 カーサのおもてなし!

  1. キューバの旅を調べていてたどり着きました。
    はじめまして、矢口と申します。
    とても素敵な旅をされてますね。
    パタゴニア、ガラパゴス、、素晴らしいです。

    よろしければこちらのトリニダーのカサ、教えていただけないでしょうか?
    近々訪れてみたいと思っています。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s