〜世界の板場から vol.4〜

人様のキッチン、人様の包丁、鍋、限られた調味料や食器を駆使して、(出来る限り)美味しい料理を作って食べる、『世界の板場から』。

本日お届けするのは、『ガラパゴス風ネギトロ丼』。

暖流と寒流がぶつかるガラパゴス諸島は、豊かな漁場としても有名。

フィッシュマーケットで買った新鮮なマグロを使って、ラテンアメリカ風にアレンジしたネギトロ丼を作りました。

①マグロの皮を引き骨を外します。。
②みじん切りにした紫玉ねぎと、インスタントみそ汁のもと、マグロを包丁でたたきます。
③アボカドをスライスします。
④トマトをスライスし、レモン、塩、おりーオイルを振りかけ付け合わせよサラダを作ります。
⑤ごはんの上に、アボカド、マグロを盛り付け、トマトのサラダも同じ皿に盛り付けます。
⑥食べます。
⑦美味しかったです。

『インスタントみそ汁のもと』は、旅友のアサコさんマキコさんから、世界一周婦人が誕生日プレゼントとしてもらいました。
ネギは玉ねぎ、マグロはトロであありません。なので正確にはネギトロではないのですが、そこは愛嬌ということで。
マグロ切ってるとネコがすり寄って来るし、ホステルのオーナーは『日本人がスシ作って食ってる!』と大騒ぎ。
みその風味のおかげで、大変美味しくいただけました。持つべき物は食材…いや、旅友ですね。アサコさんマキコさんありがとーッ!

広志郎十八番のガーリックチップ作り。

広志郎十八番のガーリックチップ作り。

マグロをたたきます。

マグロをたたきます。この時に頂いたお味噌をプラス。

お魚の香りに惹かれて猫がやって来ました。

お魚の香りに惹かれて猫がやって来ました。

こ、これは美味い!と婦人も大絶賛。

こ、これは美味い!と婦人も大絶賛。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s