2日目 休息@エルチャルテン

世界一周婦人が足をくじいて休息することとなった、エルチャルテン2日目。

まずはご飯。話は少し前後するけれど、昨晩の夕ごはんはステーキ。ブエノアイレスの頃にも触れた通り、アルゼンチンは牛肉が安い。ここチャルテンは観光地なので物価は比較的高いのだけれど、スーパーで牛肉買って自分で焼いて食べる限りは、それほどひもじい思いはしない。やっぱり美味いわ、アルゼンチンのステーキ。
そして朝食は、パンとフルーツ。特筆すべきなのは、スモモ。もう、日本人のスモモの概念を超越した旨さ!甘さ酸っぱさがパーフェクトバランスの果汁がたっぷり詰まった実、一口かじれば口の中はもうジュルジュル。いや、思い出して文章にするだけでジュルジュル。しかも種がとても小さいので、小さな実からは想像できないほどの食べ応え。
『フルーツ』と聞いて思い浮かべるものは人それぞれ違うだろう。リンゴかもしれないし、パイナップルかもしれない。しかし、一人一人のフルーツのイメージを多重露光して一枚の写真にした『フルーツのイデア』みたいなものがあるとすれば、俺はこのアルゼンチンのスモモみたいになると思う。ああ、もうジュルジュル。

そしてお風呂。2月に入ってからほとんどテント泊だし、パイネグランデで9泊10日トレッキングしてたし、長距離バス移動も多かったし、寒くて空気も乾燥してるし、なんだかシャワーを浴びる習慣が薄れてしまっていた世界一周婦人と俺。しかしここのキャンプサイトはホットなシャワーがたっぷり浴びれるので、久しぶりに日本人気分に戻って、熱々のお湯を存分に浴びて身を清める。ああ、やはりお風呂は気持ち良い。
お風呂の後は洗濯。パイネグランデでのトレッキング中は、なるべく小まめに洗濯していたのだけれど、ズボンとかフリースとか、大モノもさすがに汚れてきていた。日中、他の宿泊客がトレッキングに出かけたのを見計らって、出来うる限りの洗濯物をやっつける。これはもう爽快だった。強い風と乾燥した気候で、乾く乾く。お金を払って洗濯物屋さんに頼まざるを得ないと諦めていた汚れものまで自力で洗えてしまい、気分までスッキリした。

夕ごはんは、もちろんステーキ。違う部位ですが、毎日牛肉ステーキ食ってます。明日もステーキだろうな、でも飽きるどころかもっと食いたい。

足の捻挫でエルチャルテンにて足止め。テント場から見えるフィッツロイ山は毎朝輝くほど美しくて、なんで捻挫したんだろうと悲しくなるほど。。

足の捻挫でエルチャルテンにて足止め。毎日ステーキで体力増強。テント場から見えるフィッツロイ山は毎朝輝くほど美しくて、なんで捻挫したんだろうと悲しくなるほど。。

Advertisements

2 thoughts on “2日目 休息@エルチャルテン

  1. りーちゃん、足の具合い少し良くなってきてるのかな。。
    バランスとれたお食事を見て安心したけど、捻挫は無理したらあかんからもう少し我慢して体力つけてね。
    神様が少し休憩って言ってはると思ってね☆

    Like

    • ご心配おかけしてすみません~!!こけたときは、もう登山は無理かも(ToT)と弱気になっていましたが、あれから1ヶ月、足は完治、登山もなんのその。海の幸食べまくったのが効いたのかなぁと思います。旅を無事続けられるので、本当に完治して良かったです(^O^)

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s