3日目 移動そして情報収集

ザンジバル島は今日も雨。ストーンタウンからヌングイというビーチへ行かなくて本当に良かった。

午前中はホステルでネットで情報収集。午後一番のフェリーでダルエスサラームへと戻る。
ダルエスサラームのホステルに到着すると、遅くなった昼ごはんを食べにサブウェイ(サンドイッチの)へ入店。予想外なことにそこでもネットが出来たので、引き続き情報収集。
結局、ザンジバル島でもダルエスサラームでも、ネットばかりの生活になってしまった。まあザンジバル島は天気が悪かったし、ダルエスサラームは治安が悪いし、仕方もない。アフリカはネット環境が悪いことで有名なので、こうやってまとまった情報収集の時間を作れたことは、むしろ良かったのかもしれない。
翌日の移動日。ダルエスサラームから長距離バスで、キリマンジャロ登山の拠点モシへ帰る。
ダルエスサラームのバスターミナルは、雑然そのもの。チケットを売ってるカウンターもない。客引きのオッサンについていくと、オンボロバスなのに高級バスの値段を払わされた。つまりボッタクリ。アフリカの自然は素晴らしいと思うけれど、こういうところは本当に好きになれない。まぁ、半分は自分の不覚が原因。これから向かうエチオピアはさらにボッタクってくるらしいので、気を引き締めなければ。
モシでは『バックパッカーズ』というホステルに3度目の宿泊(サファリ前、登山後、今回)。受け付けのスタッフもさすがに顔なじみになって、心地よく我々を迎えてくれる。世界一周婦人も俺も、タンザニアの観光ビジネス従事者にウンザリだったから、なんだかちょっと癒された気分。
ちなみに本日、ホステルで相部屋になったのがルイス。実は彼、ベネズエラ人!ベネズエラのバックパッカーなんて初めてだったし、ベネズエラは南米のなかでも印象深い国だったから、婦人も俺も大興奮。ルイスの誘いで、ドイツ人のステファンとマリアとの夕食に我々も混ぜてもらう。
翌日も1日ネット三昧。6月にあるフィンランドでの親族結婚式に向けての道程を大まかに決める。
ちなみにここモシでも、キリマンジャロ登山を終えてからザンジバル島を往復しここに帰ってくるまでに、すっかり気候は雨季へと移ってしまったらしい。洗濯をしても乾きが悪いし、太陽もずっと雲に隠れてるからそれほど熱くもならない。自分たちは、本当に天候に恵まれている。夕方からは雷を伴う強雨。昨晩夕食を共にしたルイスは、今日からキリマンジャロ登山開始。大丈夫だろうか?
タンザニアでの最後の晩餐は屋台料理。なんとホステルから50メートルほどのところに、ザンジバルピザを売ってる屋台があった!でも、本場とはちょっと味が違って、サモサの平たいバージョンのような味でした。
モシに帰り、早速ビール。昼から酔っ払う。

長距離移動後のご褒美ビール。象印は甘めでフルーティーなお味。サファリはコクと苦みが丁度よくって、どちらも美味しいです。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s