1日目 エチオピアの交通事情

朝5時半にターミナルへと向かい、バス乗車。本日はラリベラという街を目指して移動。

バスは美しい自然の中を走るけれど、早朝起床のため、車内ではほとんど寝て過ごしたので、ほとんど覚えてない。9時半頃にバスは一旦停車して朝ごはん休憩。
その後また数時間走り、ウォルディアという町で乗り換え。ハイエースを使ったミニバスで次なる中継地点ガーシャナへと向かう。
14時頃にガーシャナ到着で、次なるバスに乗り込む。擦り寄ってくる客引き達を蹴散らしてバス乗務員と直接値段交渉し、荷物も自力で屋根の上に載せ、なんとか席を確保。
嫌な思い出まで日記に書き残すのも、訪れた国の人々のことを悪く書くのも、気がひける。しかし、エチオピアのローカルバスは本当に疲れる。山ほどいる客引き達は旅人達を騙して通常料金以上の価格でボッたくろうとしてくるし、ちょっとしたことで『チップをくれよ』と騒ぎ立てる。荷物を載せるのも降ろすのも自分でやらなければ、法外なチップを要求される。夜行バスは法律で禁止されているので、長距離バスは基本的に早朝出発。チケットを買っても席は確保されないので、席確保のために出発前から並ばなくてはならない。
 
『郷に入れば郷に従え』というのが旅人として保つべき基本姿勢だと思う。しかし、自分が自信を持って『これは良くない!』と思う文化まで甘んじて受け入れるつもりはないし、積極的に反発した方が彼らのためになるだろう。特にぼったくりがまかり通っているラリベラ行きのローカルバス、エチオピアの印象を良くする為にも改善されるといいと思う。
満席のラリベラ行きのバス。私は運転手の横のエンジン上にある台に座り、広志郎は運転手後ろの道具箱の入った鉄の箱の上に。悪路を2時間半。到着時にはお尻が麻痺しておりました。

満席のラリベラ行きのバス。私は運転手の横のエンジン上にある台に座り、広志郎は運転手後ろの道具箱の入った鉄の箱の上に。悪路を2時間半。到着時にはお尻が麻痺しておりました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s