2日目 フェリーでサントリーニ

朝はダラダラ。今回のホテルは、朝食は付いていないけれど、コーヒーとクッキー、ケーキが食べられる。ロビーに並べられたそれは予想以上に豪華で、トーストとバターとジャムよりよほど高価そうに見えた。

ダラダラしすぎて、11時半ごろにようやくチェックアウトし、街歩きに出発。ただ、旧市街の目ぼしいところは昨日すでに巡り終えていたので、ちょっぴりぶらぶらしただけ。あとは新市街でヨーロピアンファストファッションブランドの店舗を覗いてみたり。
昼食は、昨日に引き続きギュロス。近辺で一番流行っている、行列の絶えない店。昨日の店の真裏にあって、値段は少しだけこちらの方が高いのだけれど、それも納得の味とボリューム。なんせ流行ってるから、出来立てアツアツが出てくる。美味い。
ホテルに預けておいたバックパックを取りに戻り、それを持って港へ向かう。本日はロドス島からサントリーニ島への移動日。
14時半にホテルを出て、フェリー乗り場を目指す。エーゲ海の日差しが照りつけて暑い。今日は海辺で泳いでる人もいる。バカンスしてる感じ。まだちょっと寒そうなのも微笑ましい。
フェリーの出航は16時。なんと9フロアもある大型船。そのうち6フロアは車用。ベッドのある客室もあるけれど、自分たちは自由席。コンセントのあるソファに陣取る。買い込んでおいたオレンジを頬張りつつ本とか読んで過ごす。
目的地のサントリーニ島に到着したのは、深夜の1時。どえらい時間に到着してくれるが、このフェリーの最終目的地はアテネ。それに合わせてのタイムスケジュールなので、仕方ないのだろう。
港から町までは遠く、ちょっと歩ける距離ではない。しかし目星をつけていた宿の客引きが車で来ていたので、それにまんまと捕まることにする。まぁ、宿は宿だけれど、自分たちはキャンプ泊のつもり。深夜2時、『キリマンジャロ以来だね。』なんて話をしながらテント設営して就寝。街明かりで星はそれほど見えないけれど、黒の部分がクリアというか、夜空としては綺麗だった。
ロドス島名物の三つの風車。

ロドス島名物の三つの風車。

元々巨人が立っていたところには、今は雄鹿と雌鹿がおりました。

元々巨人が立っていたところには、今は雄鹿と雌鹿がおりました。

シーズン中は城壁の上を歩くことが出来るらしいのですが、現在はローシーズンのため、閉鎖中。残念。

シーズン中は城壁の上を歩いて、町中を見渡す事が出来るらしいのですが、現在はローシーズンのため、閉鎖中。残念。

本日もギュロスです。

本日も庶民の味方、ギュロスです。

船にてサントリーニへ向かいます!

船にてサントリーニへ向かいます!

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s