2日目 フィラのワイナリー

サントリーニ島2日目。島の主要な町はすでに昨日巡った。他にも黒い砂や赤い砂のビーチで有名な町もあるみたいだけど、さすがにビーチで泳ぐほどは暖かくない。今日は昨日と違って雲もあるし風も強いし。

ということで、サントワインという地元のワイナリーへ行ってみる。実はここサントリーニ島は、ワインの産地として有名で、スーパーにもお土産屋にも、赤、白、ロゼとバラエティーに富んだ地ワインがずらりと並ぶ。
フィラのバス停から南へ行くバスに乗って約5分、見晴らしの良い高台にあるワイナリーに到着する。辺りは一面のブドウ畑、というわけではない。敷地内に入れば芳醇なワインの香り、というわけでもない。外観はあくまで工場といった感じ。ちょっと期待しすぎていたかな。
事前に調べた情報では、ワイナリー見学ツアーを15分おきに無料でやってるとのことだったけれど、今は有料に変わっていた。併設するバーレストランで、ここで作ってるワインをハーフグラスずつ数種類出してくれるセットを扱っており、工場見学は行ったつもりになって、試しにちょっと飲んでみる。世界一周婦人と俺は、風が吹いていてちょっと寒いけれど、見晴らしの良い屋外のテラス席に陣取って、6種のワイン、チーズとスナックのセットを頼む。
アシルティコ、という品種がここサントリーニ島の特産品種らしい。それで作った白が3種。どれもドライで美味い。ちなみにその3種はそれぞれ熟成期間が違う。1つはフレッシュ、そして3ヶ月と12ヶ月。1つ目も充分に美味しいかったけれど、やはり2つ目3つ目と飲み比べてみると違いは歴然。樽の香りが順を追って強くなり、高級感も一気に増す。ただ、好みとしては2つ目の3ヶ月熟成くらいが、バランスが取れていて良かったかも。
赤も3種。海産物が豊富ということもあってだろう、サントワインは白が有名なのだけれど、その分『赤も粒揃いの良いワインがありますよ。』というラインナップ。1つ目は、どストレートなレッドワイン。教科書に載っているんじゃないかというくらいに丁度いい渋み。オールマイティな感じだけど、あまり個性はないかな。2つ目3つ目は、逆に変化球。セミスィートとかなりのスイートワイン。甘いワインにはもともと馴染みがないし、赤となれば初めてかもしれないレベル。シロップ、ジャム、蜂蜜に引けを取らない甘さに驚く。一般的?ワインとしての評価は全く出来ないけれど、とにかく自分たちにとっては興味深かった
 
6杯とはいえ色んな種類を飲んで、すっかり酔っ払った婦人と俺。フィラの町からはバスに乗って来るほど遠くもなかったし、帰りは歩くことにする。道中にあるスーパーマーケットを覗いて、どんなものが売ってて何が安くて何が高いか見るのは興味深い。ここは離島でしかもリゾートだから、スーパーマーケットといえども物価は比較的高いと思われる。しかしそれでもトマトやナス、オレンジ、リンゴなんかは安い。特に目を引くのが、種類豊富なオリーブのピクルス、オリーブオイル、それにチーズ。日本じゃ高くて買わないような商品がお手頃でたくさんあり、何より美味そう。さすがはギリシャ、ヨーロッパ文化発祥の地と感心する。
フィラの町に戻ってぶらぶらし、カフェに入ってコーヒー『フラッペ』を飲む。
ギリシャの人々は、『フラッペ』が大好き。やたらと背の高いグラスに入ってくるんだけど、その半分くらいが泡。コーヒーを攪拌して泡立ててあるらしい。ミルクや砂糖はお好みのよう。基本はアイスコーヒー。ホットもあるんだろうか?
なんとなく名前の響きは『フラペチーノ』とか『フロート』に似てるし、存在感としてもそれらの親戚みたいな感じがする。『カプチーノ』の冷たいやつ、という感じもする。インターネットで調べてみても、確たる情報は見当たらない。多分ギリシャ特有の飲み方なんだろう。でもギリシャ人はこれを『グリークコーヒー(ギリシャコーヒー)』とは呼ばない。それはそれで別の飲み方がある。これは、あくまでフラッペ。なんなんだろうか?独特のこだわりを感じる。
20時過ぎに、レストランへ移動。旅行者にはちょっと有名なレストラン。先客に、インド人のご夫婦と韓国人の女友達2人組がいらっしゃった。2組ともとても気さくな方々で、『自分たちじゃ食べきれないから味見して!』と料理を分けて下さったり、テーブルを隔てて大いに盛り上がる。後からいらっしゃったスコットランド人のご夫婦もそれに参加し、まるでパーティだった。お店のアットホームな雰囲気も良かったし、料理はもちろんにこやかでフレンドリーな店員さんの接客も良かった。サントリーニ島の最後の夜を締めくくるのに相応しい晩餐で楽しかった。
キャンプサイトに帰って時間を潰し、深夜1時フェリー乗り場へ。サントリーニ島での滞在はわずか2日のみだったけれど、バックパッカーらしい楽しみ方が出来て満足だった。これからアテネへと向かう。
サントワイン工場入口。

サントワイン工場入口。酒には弱いが、酒が好き。昼から飲んだら一日が半分で終わるから旅行中は昼酒はやめようと決めていたものの、試飲の魅力に逆らえず。ワイナリーからの帰りに二人して道路脇でシエスタ。とほほ。

初フラッペ!

初フラッペ!

会話に花咲き楽しい夜ご飯。それにしてもこのムセルのリゾットは美味しかったです。

会話に花咲き楽しい夜ご飯。それにしてもこのムセルのリゾットは美味しかったです。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s