『なんちゃってコシャリ』

〜世界の板場から vol.22〜
人様のキッチン、人様の包丁、鍋、限られた調味料や食器を駆使して、(出来る限り)美味しい料理を作って食べる、『世界の板場から』。
本日お届けするのは、『なんちゃってコシャリ』。ノルウェーはボードーの街で作った料理です。
①お米を水から炊き始めます。

②沸騰したら、マカロニを入れます。

③スパゲティーを入れます。

④コンソメスープのもと、パプリカパウダーで味をつけます。

⑤食べます。

⑥美味しかったです。
物価がべらぼうに高いノルウェー。レストランには入りたくないけど、日曜だからスーパーは開いていない。手持ちの食料をかき集めて、恥を忍んでオフィスビルの前にて作って食べた料理です。道行くノルウェーの人々から白い目で見られたのですが、それは彼らの色素が薄いこととは関係がないはず。

『コシャリ』とは、エジプトの大衆料理。お米、マカロニ、パスタなどをごちゃまぜにしたものだそうです。『だそうです』というのは、実はエジプトにはテロの関係やらで行ってないので、分からないのです。本場で是非とも味わいたかったのですが、まーこんな感じだろーか?と、テキトーに作ってみました。本当は確かケチャップ味のはずですが、持ち合わせていなかったので、コンソメとパプリカパウダーで味つけ。まぁ、不味くなりようがない、ともいえます。

旅の中で最もわびしい料理かと思いきや、案外悪くなかった。今度は是非、本場エジプトでコシャリを食べてみたいですね。

なんちゃってこしゃり。

なんちゃってこしゃり。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s