1日目 張掖(ジャンエ)

中国旅での移動は列車が基本。というのは、それが一番安いから。カシュガルからここ敦煌まで寝台列車を利用してきた。

本日の、張掖(ジャンエ)までの移動もやはり鉄道。しかし今回がこれまでと違うのは日中移動、つまり寝台ではなく『硬座』と呼ばれる普通席であるということ。『鉄道は安い』と言ったそばから何なんだけど、移動より宿代や食事代の方が安いので、時と場合によっては日中移動した方が金銭的な節約になるのである。
敦煌の宿を出て、連日通っている食堂で朝食用の包子をテイクアウトし、バスに乗り込む。ああ、この包子ともこれが最後か、と思うと後ろ髪を引かれる思い。

ちなみに今回の移動も、ニールandユイと一緒。というか、彼らとは少なくとも西安、成都まで、長ければ西四川(日本では東チベットと呼ばれる事が多い)なんかも一緒になる。今回はさらに6人ほど、同宿だった中国人も同じ列車に乗る模様で、ちょっとした修学旅行みたいな、賑やかな雰囲気で楽しい。
我々が目指す張掖という街、現代バックパッカー的に言えば『元祖バックパッカーであるマルコポーロが、一年間もの長きに渡って沈没してた街』として有名。おそらく当時の首都長安(現、西安)に入場するための許可待ちしてたんだろう。現代的に言えば、イラン、ウズベク、トルクメのビザ待ちをキルギスはビシュケクでするようなもんか。なら、みんなでシェア飯したりいちごタルト食ったり普段は読まないような哲学的な本を読んだりしてたんだろうか?そう思うと、何だか親近感が湧く。
しかし我々が張掖へ向かうのは、沈没するためではない。むしろ基本的には何にもしない沈没とは正反対で、短い時間で盛りだくさんに名所を巡りたい。

まずは丹霞地形。砂漠にある、丘の連なりなんだけど、その丘肌が虹色に光って綺麗なんだという。ただ、インターネットや書籍で見れる丹霞地形の写真は加工され過ぎていて、あんまり期待して行くとかなりガッカリするという話もある。正直、行くべきか行かざるべきか迷ってたんだけど、とりあえず行く方向で考えることにした。

そして大仏寺。こちらは元の皇帝フビライハンが生まれた場所としても有名らしいんだけど、何と言っても巨大な涅槃仏が有名。そういえば日本に涅槃仏が少ない(というかほとんど聞いたこともない)のは何でだろうか?ともかく、日本ではなかなか見れない仏像を見たい。
そんなこんなで張掖に到着したのは17時頃。敦煌以来の旅仲間と一緒の宿にチェックインして、夕食に出かける。メンバーの1人のおばちゃんが、オススメ店に我々をいざなってくれた。今回食したのは巻子鶏というご当地メニュー。美味かったけど、大番鶏に似てる。というか、どちらも起源が同じ、いわば兄弟的な料理なんじゃないだろうか?

それにしても中国の人々の、可愛らしいこと。ピュアで素朴で、フレンドリーで優しくて。一緒にいると本当に平和な気分になる。

こちらが中国列車の硬座です。狭いですが、寝台と比べて値段は半分程、格安で移動できます。しかし、前に座った可愛いおばあちゃんが、座席の下の狭い空間に潜って寝だした時にはびっくりしました。

こちらが中国列車の硬座です。狭いですが、寝台と比べて値段は半分程、格安で移動できます。しかし、前に座った可愛いおばあちゃんが、座席の下の狭い空間に潜って寝だした時にはびっくりしました。

ドンファンの宿で一緒だった皆とご飯へ。中国では人と人の距離が近くて、直ぐに打ち解け意気投合して、年齢や性別に関わらず一緒に観光に行ったり、食事に行ったりします。皆一人旅をするのが楽しそうで、とっても羨ましくなりました。

ドンファンの宿で一緒だった皆とご飯へ。中国では人と人の距離が近くて、直ぐに打ち解け意気投合して、年齢や性別に関わらず一緒に観光に行ったり、食事に行ったりします。皆一人旅をするのが楽しそうで、とっても羨ましくなりました。

しかし、巻子鶏、大きいです。

しかし、巻子鶏、大きいです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s