12日目 ゴーキョ、マチェルモ、ドーレ、ポルツェタンガ、モンラ、ナムチェ

ゴーキョリからパノラミックなエベレストの風景を楽しんだ世界一周婦人と俺。もう、大満足。このトレッキングに一片の悔いなし。

ということで、我々に与えられた最後のミッションは、いかに早くルクラまで帰るか。せっかくの充実感を間延びした行程で薄めたくはない。

7時に宿を出て、チオオユーを背に、ひたすら南に歩く。

ちなみに我々は、反時計回りで今回のトレッキングを行った。理由としては、チョラパスが雪で閉ざされ通れない可能性があったから。つまり、ゴーキョリよりもカラパタールからの眺めやエベレストベースキャンプを優先した、ということ。まぁ結果、チョラパスも通れたし、ゴーキョリにも行けたんだけど。

しかし国際標準としては我々とは逆の時計回り、ゴーキョに来てからチョラパスを超えてゴラクシェプ(カラパタールやベースキャンプの麓)に向かうトレッキング客の方が多い。

実際に歩いてみて、どちらの方が良いか人にオススメするならば、後者、時計回り、我々とは逆のコースだろう。理由は、カラパタールから真近に見るエベレストの『メインディッシュ感』が高まるのと、チオオユーを正面に見ながら歩くこのトレッキングコース(その分、チョラパスがいくらか登りにくくなるとは思うけど)。時折振り返って眺めるチオオユーはかなり見応えがあって、『これを見ながら登るのは爽快だったろうな。』と少しうらめしく思ったりもした。

通常のトレッキング客は、本日マチェルモもしくはドーレで宿泊し、翌日にナムチェを目指す。しかし我々は、一気にナムチェまで移動したい。1日でも早くトレッキングを終えた方が、単純に節約になるし。早くお風呂に入りたいし。

なので、ひたすら歩き続ける。マチェルモもドーレも午前中に通過。さすがに疲れたのでポルツェタンガで泊まろうか、と思ったりもしたけど、ポルツェタンガはタンナック以上に寂れて物価も高い。根性絞り出して、ナムチェまで強行軍。その頑張りを神様が認めてくれたのか、モンラの峠付近とナムチェの手間1時間ほどの谷間で、虹色に輝くクジャクと遭遇。テンションごっさ上がる。

日は影ってくるし、寒いけど、どうにかこうにかナムチェに到着。16時。行きにも泊まったサクラゲストハウスにチェックイン。

登りに泊まった時はそれほど何とも思わなかったこの宿、サクラゲストハウス。下ってきて再訪し、めっちゃ良い宿だと気づく。安いし、料理は旨いし、よくよく見たら調度品も超豪華。聞けば、椅子や机はカトマンズから飛行機でルクラへ、ルクラからはポーターが運んだんだって。凄すぎる!

無事にナムチェまでたどり着いたお祝いに、シェルパ族伝統のお酒を飲んでみた。ひとつは、チャーンというお米から作ったお酒。ホームメイドらしい、酸味の効いた味。ぬる燗くらいに温めてあってホッコリ。で、もうひとつは、そのチャーンに卵を落としたお酒で、ホプレというもの。お品書きにある説明を読んで『ああ、これはエッグノッグとかエッグセーキとか、そんな感じの飲み物なんだろうな。』と思っていた。しかしこれが大違い。お酒で作った卵スープという感じだろうか。スクランブルエッグ上に固まった卵が、温かいお酒の中にたくさん浮いている。んでまぁこれが、パワーのつくこと!旨い!トレッキング中は動物性タンパク質をほとんど取っていなかったから、めっちゃ体に染みる。

…んー、でもコレ、本当に正しいホプレ?実は調理失敗なんじゃないの?卵を使ったお酒というより、お酒の入った卵スープという感じが…。ちなみにカトマンズに帰ってネットで調べてみても、ホプレ(hople)、見つかりませんでした。世の中まだまだ、ネットで調べた程度じゃ分からん事がたくさんある。

朝、キラキラ光る青い湖にさよならをして。

朝、キラキラ光る青い湖にさよならをして。

ゴーキョの湖の後、他のふたつの湖(氷結していました)を通り越すと、湖は滝になり川になり、その川が深い谷を作ります。見通しがきいて、気持ちのいいトレッキングルートです。

ゴーキョの湖の後、他のふたつの湖(氷結していました)を通り越すと、湖は滝になり川になり、その川が深い谷を作ります。見通しがきいて、気持ちのいいトレッキングルートです。

振り返れば、チョオユ。

振り返れば、チオオユ。この道を登るのは気持ちがいいだろうなぁ。

青い空にたなびくタルチョ。

青い空にたなびくタルチョ。

ドーレ

マチェルモは日当たりが良くて、居心地が良さそうな村。

しゃくなげ。高度が低くなるにつれて、低木がルート左右を覆うように。

しゃくなげ。高度が低くなるにつれて、低木がルート左右を覆うように。

な

ゴーキョリを出た頃横にいた川は、あんなにも低いところに。

斜面を流れ落ちる滝。

斜面を流れ落ちる滝。

氷瀑。

氷瀑。時が止まったよう。

帰り道二度見た七色の鳥。こんなに目立って他の動物から見つけられやすそうだけど、大丈夫かしら。

帰り道二度見た七色の鳥。こんなに目立って他の動物から見つけられやすそうだけど、大丈夫かしら、と余計な心配。見事な七色です。

サクラゲストハウスの豪華なダルバード。美味。おかわりも気前よくたっぷりとついでくれます。オススメです。

サクラゲストハウスの豪華なダルバード。美味。おかわりも気前よくたっぷりとついでくれます。オススメです。

不思議なお酒、ポ。シェルパ伝統のお酒なのだそう。

不思議なお酒、ホプレ。シェルパ伝統のお酒なのだそう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s