2日目 ガンジス川

ということで本日、本格的にバラナシ散策。

バラナシといえば、聖なる川、ガンジス。ガンガーとも言う。ヒンドゥー教徒であれば、一度はここで沐浴し自らの罪を浄め、ここで荼毘にふされることで輪廻からの解脱を願うんだとか。

俺も罪を浄め解脱したい。しかし、汚ねー!街も川沿いも、ゴミと糞尿にまみれている。臭い!ガンガーで沐浴なんて、俺は絶対に嫌だ!ガンガーを見るよりも先にそう思った。

美しい自然に対して神秘を感じるのは、人間が持つ普遍的な感覚だろう。ガンガーだって、はるか昔は本当に綺麗だったんだろう。

神やヒンドゥー教徒を侮辱するつもりはないけど、もはや誰の目にもガンガーは美しくない、神が住むような川じゃないよ、気付いてないフリなら止めた方がいいよ、と忠告してあげたい。だって、インド政府の調査ではガンガーの水には基準値の100倍の大腸菌がいるとかなんとかって話だし!そんな調査しなくたって、ガンガーをたむろす野良犬の皮膚病の痛々しさを見れば、ガンガーがヤバいことくらいアホでも分かる。毛が抜け落ち真っ赤に腫れあがった犬たちの体、あれが悪魔の仕業ではあっても、神の仕業であるはずがない。

宗教の持つ盲目性ゆえ、ガンガーは神秘を神秘として保つ努力を受けられなくなったんだろう。『美しいから神秘的』だったはずが、『神秘的だから美しい』になって、後はもう汚し放題。悲しいかな、ガンガー。誰か頼むよ、ガンガーに神を呼び戻す運動(つまり清掃活動)を。

そんな感じで汚さばかりが目につき、全然インスピレーションを受けられなかったガンガー。火葬場のある沐浴場マニカルニカーガートにも行ったけど、東チベットで見た鳥葬の方が死生観とか輪廻とかそういうことを考えさせられたかな。『十数億人もいるというインド人がみんなここで火葬したら、えらいこっちゃな。薪がいくらあっても足らん。灰と遺骨でダムができてまう。』とか、余計なことばかり頭をよぎった。

ちなみにガンガー、バラナシでは汚いけど、この先に訪問予定のリシュケシュなど上流地域では綺麗なんだそう。仮に沐浴するなら、そのあたりでかな。

と、否定的かことばかり先行して書いたけど、さすがバラナシ、インドっぽさに溢れた楽しい街だと思った。特に食に関して。

素焼きの陶器で飲む、すり潰したミントと一緒に煮出したチャイ(ミルクティー)にはハマった。

あとカレー屋。日本で食べたら2000円くらいしそうなカレーのセットが、400円を切る。バックパッカーにとって400円って安くはないんだけど、一日一食で済むくらいのボリュームだし、何より味が良い。本当に美味いカレーには、『スパイスが新鮮!』と驚かされる。バラナシで食べたカレーは、奈良のカリー処『プラーナ』以来の衝撃だった。

あと、ブルーラッシーというラッシー屋さん。ラッシーって、飲み物だと思ってたんだけど、インドでは違うのかも知れない。甘みをつけたヨーグルトのこと?ブルーラッシーでは、素焼きの陶器に盛られて出てきて、アイスクリームに付いてる木ベラですくって食べる。バナナラッシーとプレーンラッシーをオーダーしたけど、プレーンラッシーの方がオススメかな。ただ、そもそもブルーラッシーという店はツーリスト向け、もっと地元民のみぞ知るような名店がどこかにあると思う。見つけられなかったけど。ま、焦らずともまだまだ我々のインド旅は長い。

バラナシの日本人宿、サンタナさんオススメチャイ屋さん。二人してはまりました。

バラナシの日本人宿、サンタナさんオススメチャイ屋さん。二人してはまりました。

決めては、生姜がたっぷりと使われていること。あとはこのミントのようなハーブ。甘いチャイにこの清涼感、癖になります。

決めては、生姜がたっぷりと使われていること。あとはこのミントのようなハーブ。甘いチャイにこの清涼感、癖になります。

バラナシといえばここ、というレストラン、KESHARIはいつ行ってもインド人で大賑わい。バックパッカーには少々お高いですが、めちゃくちゃ美味しいです。結局毎日のように通いました。

バラナシといえばここ、というレストラン、KESHARIはいつ行ってもインド人で大賑わい。バックパッカーには少々お高いですが、めちゃくちゃ美味しいです。

ブルーラッシー。ロンリープラネット激推しのラッシー屋さん。オーダーすると、店員のおじさんが壷と棒で混ぜ混ぜしてラッシーを作ってくれます。

ブルーラッシー。ロンリープラネット激推しのラッシー屋さん。オーダーすると、店員のおじさんが壷と棒で混ぜ混ぜしてラッシーを作ってくれます。

出来上がりはかなり固め。飲み物というより、かなりヨーグルトに近いです。

出来上がりはかなり固め。飲み物というより、かなりヨーグルトに近いです。

夜には毎晩川辺の沐浴場でプジャという儀式が行われます。

夜には毎晩川辺の沐浴場でプジャという儀式が行われます。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s