婦人ペン画報 阿弗利加 欧州 亜細亜編

1年と5ヶ月の旅も残すところあと5日。アフリカ、ヨーロッパ、アジアの各地にて描いたペン画を公開致します。使用途中でインクが無くなってしまった無印良品の0.3mmの黒いペンの代わりに、今は0.38mmのペンを使っています。

この旅を始めるにあたって、このホームページのトップページ用に絵を描きました。かたつむりの甲羅を背負った私達と、世界の行きたい場所。でも実は行けていない場所が多いのです。お金が掛かりすぎるので行くのを諦めたチベット自治区や、ロシア。途中の進路方向の転換で行くことを諦めたヨルダン。治安の悪化でビザが発給されていないイエメン。行ってみると違った、というのもありました。モンブランはあんなに尖ってなかったですし(私が絵に描いたのはどの山‥?)、コスタリカの火山はとっくの昔に鎮静化していました。旅当初は絵のように爽やかだった私達もこの1年5ヶ月ですっかり毛がぼうぼうの世捨て人風になりました。

写真を見て描くのと、実際に見て描くのでは大違い。対象分が格好良く見える位置で、人の邪魔にならないところで、座れるところ。なかなかないものです。上手く描けたことなんて一度もなく、それでも見返してみると『描いていたときにあんなことがあったなぁ』と、旅の大事な思い出の一部になっています。なので、続けてきて良かったです。

ずぶの素人、下手くそでお恥ずかしい限りですが、お楽しみ頂ければ幸いです。

過去の婦人ペン画報、南米中米編はこちら →https://loscaracolesjp.wordpress.com/2015/03/22/婦人ペン画報 南米中米編/

キリマンジャロのアタックキャンプ、バラフキャンプから見たキリマンジャロ頂上。夜12時に起きて、眠気と戦いながらの登頂。頂上で見た朝日は氷河と雲をピンクに染めてオレンジへと変化して‥この旅で一番心に残っています。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/タンザニア/キリマンジャロ登山/

キリマンジャロのアタックキャンプ、バラフキャンプから見たキリマンジャロ頂上。夜12時に起きて、眠気と戦いながらの登頂。頂上で見た朝日は氷河と空をピンクに染めてオレンジへと変化して‥この旅で一番心に残っています。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/タンザニア/キリマンジャロ登山/

 

スペイン、セカスティージャ。カーサルイーサで飲んだくれた日々。スペインの家庭料理に手作り無農薬の赤ワイン。シンプルな生活、幸せな日々。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/スペイン/セカスティージャ/

スペイン、セカスティージャ。カーサルイーサで飲んだくれて、たまに働きました。スペインの家庭料理に手作り無農薬の赤ワイン。シンプルな生活、幸せな日々。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/スペイン/セカスティージャ/

 

フランス、ツールドモンブラン最終日。スイスとフランスの国境を越えると、モンブランが見えます。歩く距離が長くて、今回の旅で一番筋肉痛になりました。時間次は友達や家族と一緒に?それとも犬を連れて?次は時間に余裕をもってゆっくり歩きたいトレッキングルートです。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/フランス/ツールドモンブラン/

フランス、ツールドモンブラン最終日。スイスとフランスの国境を越えると、モンブランが見えます。歩く距離が長くて、今回の旅で一番筋肉痛になりました。時間次は友達や家族と一緒に?それとも犬を連れて?次は時間に余裕をもってゆっくり歩きたいトレッキングルートです。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/フランス/ツールドモンブラン/

 

トルコ、カッパドキア。探検隊の冒険気分。奇岩巡りに、信者の隠れていた洞窟潜り。私が九死に一生を得たのもここでした。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/トルコ/カッパドキア/

トルコ、カッパドキア。探検隊の冒険気分。奇岩巡りに、信者の隠れていた洞窟潜り。そういえば、私が九死に一生を得たのもここでした。今となっては笑い話。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/トルコ/カッパドキア/

 

トルコ、ネムルトダーウ。この後中国を一緒に旅することになるネイルとユイに出会ったのはここ。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/トルコ/ネムルトダーウ/

トルコ、ネムルトダーウ。この後中国を一緒に旅することになるネイルとユイに出会ったのはここ。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/トルコ/ネムルトダーウ/

 

中国、東チベットはラルンガルゴンパ。尼さん達、そして高僧と出会って、この地で芽生えた仏教への興味は、この後のネパール、インドの旅をより楽しいものにしてくれました。 https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/中国/東チベット/

中国、東チベットはラルンガルゴンパ。尼さん達、そして高僧と出会って、二人して不思議な体験をして‥この地で芽生えた仏教への興味は、この後のネパール、インドの旅をより楽しいものにしてくれました。
https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/中国/東チベット/

 

ウズベキスタン、ヒバ。コンパクトで、静かで、長閑で、ウズベキスタンで最も気に入った町。 https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/ヒヴァ/

ウズベキスタン、ヒバ。コンパクトで、静かで、長閑で、ウズベキスタンで最も気に入った町。
https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/ヒヴァ/

 

ネパール、エベレストベースキャンプトレッキング。

ネパール、エベレストベースキャンプトレッキング。

毎日の歩行時間は5時間程度、午後は小屋で過ごすことが多かったです。山小屋には大抵大きな窓があったので、そこから見える山を時間があるときに描きました。

毎日の歩行時間は5時間程度、午後は小屋で過ごすことが多かったです。山小屋には大抵大きな窓があったので、そこから見える山を時間があるときに描きました。

エベレストが一番近くで見えるゴラクシェプにて。エベレストだと思って描いた左端の山は後ほどエベレストではないことが発覚。恐らく、右から二番目の突起がエベレスト、のはず。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/ネパール/エベレストベースキャンプトレッキング/

エベレストが一番近くで見えるゴラクシェプにて。エベレストだと思って描いた左端の山は後ほどエベレストではないことが発覚。恐らく、右から二番目の突起がエベレスト、のはず。https://loscaracolesjp.wordpress.com/category/ネパール/エベレストベースキャンプトレッキング/

 

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s