4日目 さよなら、愛しき国インド!

『excuse me sir, it’s 5 oclock.』

コーチン国際空港のフードコートで、店員に起こされ目をさます。

眠い目をこすりながらエアアジアのチェックインカウンターに並び、出国審査に並び、手荷物検査に並ぶ。搭乗ゲート前にある売店で、サモサ、バナナフライ、チマキ的な甘いインド料理、そしてチャイを買って朝食にする。これが本当に最後の最後のインドの食事。空港の売店なんかじゃろくなもん食えねーだろーとの予想に反して、結構美味かった。

インド、本当に楽しんだなー。

インドはヒッピーやバックパッカーの聖地と呼ばれ、旅人はこの国が大好きになるか大嫌いになるか、どちらか両極端、中間はないと言われている。入国前は、まさか自分たちがインドを好きになるなんて思ってもみなかった。それが今はもう、食わず嫌いしてた自分が恥ずかしいくらい。

何がそんなに良かったって、いろいろあるけど、まずは宗教文化。お釈迦様の時代の仏教にチベット仏教、スィク教、イスラム教、キリスト教、そして何よりヒンドゥ教。色んな宗教が互いに影響し、摩擦しながらも共存している、そんな環境が素晴らしいなと思った。

で、カレー。日本にいるときは、ベジタリアンになるなんて自分には到底不可能なことだと思ってたけど、インドに来て、『…ベジタリアンも悪くないかな。』って思った。それくらいカレーが美味かった。店ごとに違うスパイスの配分によって、毎日同じメニューを食べていても、全く味わいが違うから飽きない。にもかかわらず、トマトやカリフラワー、ホウレンソウやオクラなど、種類自体も豊富。今日はどの店で、どのカレーを食べようか?そんなことを考えるだけでも楽しかった。

でも、一番良かったのはやっぱりヨガかな。旅してると、長い時間ぎゅうぎゅう詰めの列車やバスに缶詰めで、筋力は失う一方、体は硬くなる一方なんですが、それをしなやかに戻す方法を身につけた、というだけでも十分な収穫。しかしそれ以上に、ヨガを通じて自分の心をコントロールするという考え方を身につけたのが大きい。これまでの旅では、何か思い通りに行かないことが起こると、婦人がイライラし出して、それが俺に飛び火して、いつの間にか婦人と俺の間でイライラし合っている、みたいなことが多かったんだけど、ヨガを始めてからそれが劇的に減ったような気がする。やー素晴らしい。日本に帰っても、ヨガは続けなければ。

今回、行きたかったのに行けなかった場所がいくつかある。まずはカジュラホ。エッチな彫刻がたくさんらしい。あと、アジャンタとエローラの石窟群。仏教、ヒンドゥ教、ジャイナ教の石窟が一堂に会しているという。もちろん一つ一つの彫刻も素晴らしいだろうけど、この色んな宗教が一つの風景を織り成すというその場所自体の空気を味わってみたかったなぁ。

街でいえば、インド北西部のジャイプール、ジョードプル、ジャイサルメールあたり。青い街、砂漠なんかもあって綺麗、マンガ『ワンピース』エピソードの舞台でもあるんだとか。

あと、今回はもはや雪に閉ざされて行くことすら叶わなかったラダック、レー。チベット文化圏を歩いて回りたかった。マナーリーという街には温泉があるらしく、それも良さそうだったし。

15時、マレーシアはクアラルンプールの空港に到着。クアラルンプールから関空への飛行機は、翌朝8時。つまり17時間のトランジット。空港から出て、街を散策しても良かったんだけど、マレーシアやクアラルンプールのこと何にも調べてない。それ以上に、昨日の空港泊で疲れ切ってしまっている。更新すべき日記もたまっているし、街へ行けばお金もかかる。暑そうだし。無理してしんどい思いをするより、楽しみは今後に取っておこうということになって、空港缶詰めを決める。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s